その「歯ぎしり」はどこから?

18.01.28.bmp
18.01.29.bmp
「その「歯ぎしり」はどこから?」

「アンタ、最近寝てるとき歯ぎしりしてるよ!」
ある日、身内からこんな苦情を受けました。

歯ぎしり…
ワタシが!?
確かに今月、歯が欠けたり銀歯が取れたり歯のトラブル続き。
まさかそれが原因だったとは。

とりあえず歯医者でマウスピースを作ってもらうことに。
これで歯ぎしりによる歯の破損は防げるはず。

でも、
歯ぎしりは原因のほとんどがストレス。
寝ている時、抑圧された感情を無意識に
歯を食いしばることで消化しているという…。
それもその感情の9割は「怒り」とか!

ならば無意識に抑えられている怒りを
意識してせっせと表に出せば、
抑えられている怒りの量が減り、
歯ぎしりも減らすことが出来るはず!

…と思ったワタシは、
まず思い当たることはないか
歯ぎしりが始まった頃を振り返ってみた。

すると、研修旅行で、
偉そうな同業者(実力はワタシより下!)に下に見られたうえ、
そいつの意見に従ったフリをして
場をやり過ごしたことが 思い出されてきた。

…そうだ、本当はあんな奴にいい顔したくなかった。
私はアイツに、「怒り」を抱いているんだ。

それが分かったワタシは
その日から
ひとりエクササイズの音楽に乗って、
原因となった憎き相手の顔をイメージ。
それに向かって

「偉そうにすんなっ」
「黙れボケ」
「お前の意見なんてズレまくっとるわっ」
と、
悪態をつきながらキック&パンチ。

最初は恥ずかしくてゴニョゴニョでしたが、
やっている内に 気分が良くなってきました。

2日目からは
やるのが楽しくなってきました。

3日目には
パンチキックするのが楽しみになってしまいました♪

しかし残念(?)ながら、
1週間も経たない内に歯ぎしりは消滅。
目論見通りになりました。


身体は、不安やら怒りやらネガティブな感情(汚物)を
自らの内にとどめておきたくないものです。
デトックスしよう!
と、
何とか表に出そうとします。

しかし頭では
そんな嫌な感情を抱いていると思いたくない、
そんな感情を表現したくない、する訳にもいかない、
と、無視したり抑え込んでしまったり。

それが積み重なっていくと、
症状や問題行動といった
身体の表現となって出てくることもあるのです。

気持ちを、声に出して言うこと。
(一人の時でいい。)独り言ではなく
言ってやりたい相手をイメージして、それに向かって言うこと。

言葉にして表に出すようにすると、
症状や問題行動が、代弁する必要がなくなり、自ずと減っていきます。
(特に子どもは顕著です。)

言えることは、癒えること。
歯に「ギリギリ」言わせたりせず、
言葉で
「悔しい~」「あのヤロウっ」「ちくしょう」と、素直に言ってしまおうではないですか。

不登校・学校カウンセリングのブログにも宜しければどうぞ▼
   http://hutoukoumanga.seesaa.net/]