ロールシャッハテストの授業で教わった心得

18.06.17.png
僕の大学院では
先輩にロールシャッハテストをとってもらい、
その結果の分析を発表される、という授業がありました。

被検者の性格や心理を
悪く言う検査者もいれば、良く言う検査者もいました。
未熟な人ほど
被検者の欠点を強調して言う傾向があった気がします。

その授業では毎年
『私はそんな人間じゃない!』
と言って泣き出す人がいるのだとか。

僕は、
泣きこそしませんでしたが、
僕のロールシャッハをとった先輩を一週間恨み続けました。

その授業の先生が仰るには、
心理分析することが、いかに被検者を傷つけるかを知っておくためにも
そういった体験をした方がいいのだ、と。

しかし後に、
そういった体験は良くないと
ある精神療法の大家の本に書いてありました。

心理テストによって傷ついた経験を持つ検査者は
その後 
被検者に同様のことをしてしまうそうです。

そのせいなのでしょうか、
僕は
未だ心理検査が苦手です。
検査をすることが、何か相手に対し罪悪感を感じるのです。

初めての心理テスト体験は
被検者にとって
「してもらって良かった」という経験となるよう
しないといけないということですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

★宜しければ「不登校カウンセリングブログ」にもどうぞ★
 

愛着障害克服日記 身体心理学に学ぶ

17.10.23.png

ブログランキング・にほんブログ村へ 

▼姿勢と気持ちの関係が軽~く書いてあります。簡単に読めるのでお勧め
マンガでわかるはじめてのコーチング―ストレスが減るコミュニケーション術
★宜しければ「不登校カウンセリングブログ」にもどうぞ★