「これだから○○は」という台詞の役割

18.07.18.PNG



ブログランキング・にほんブログ村へ 


脳は騙されやすい。
「〇〇だから」という理由づけをすることで
納得しやすくなる。
その理由が妥当かどうかは別として、である。

ある時僕は、
電話口で友人の女性に愚痴を聞いてもらっていた。

延々と続く僕のマイナスな話に腹が立ってきたのか
彼女は

「あなた、部屋の中が散らかっているんじゃない?」
と、言って僕を責めてきた。

僕がふがいないのは
部屋が散らかっているから、不要な物がいっぱいあるからだと。

しかし僕は
定期的に断捨離をする習慣があり、
部屋にあるのは必要な物ばかりで、散らかりようがないのである。

なので
何の現実的根拠もなく、
僕の部屋が散らかっていることにされたことが
非常に不快、かつ訳が分からない思いであった。

元文化庁長官にして臨床心理学者の
故・河合隼雄氏が言っていたが
人は真実解明を求めるのではなく
納得を求める生き物であると。

…おそらく彼女は
問題に遭遇した時いつも部屋を掃除することで
心を落ち着け対処してきたのだろう。
「部屋をきれいにしていない者にはマイナスのことが起こる」が
彼女にとって
最も納得しやすい理由となっているのだ。

なので
「これだから○○は」というセリフは
真の原因が語られているわけではなく
言っている人間が
自らの過去の経験の中で
自分を納得させやすい一番の理由を
採用しているだけだったりするのだ。

(人はそれを偏見と呼ぶ)

★宜しければ「不登校カウンセリングブログ」にもどうぞ★
 

この記事へのコメント